fc2ブログ
愛猫日記 観音巡礼 御朱印収集 クワガタ採集紀行  など 折りにふれて綴っていきます

西国番外 花山院菩提寺

新大阪で新幹線を下車し、JR宝塚線で三田へ向かいました。
1時間ほどの移動です。
三田駅でバスに乗換えて15分ほどで花山院バス停に到着。
IMG20240412110130.jpg
目指す花山院菩提寺はここから急斜面を30分上った先にあります。
悪いことに私、足の筋を痛めておりまして想像以上の急坂に不安がよぎります。
登り始めてほどなく神社が見えてきました。
IMG20240412110455.jpg
なかなか立派な趣ある神社でした。
今回の巡礼にあたり色んな方のブログ等を拝見していたのですが、この神社についての記録はありませんでした。
つまり、ほとんどの方は徒歩じゃなく車で登ってるってことですね。
さらに上って行くと丁度中間地点くらいにこんな石碑があります。
IMG20240412111630.jpg
「琴弾坂」・・・心臓と足元に容赦ない坂道につける名前にしては優雅過ぎますが、これには謂れがあります。
花山院菩提寺のある一帯は地名を「尼寺」といいます。
院を慕った都の女官たちが尼となって麓に移り住んだそうなんですねー。
院のおわす菩提寺は女人禁制でこの坂で琴を弾いてお慰めしたといういいお話。
そういう予備知識があるとこの坂道も感慨深く思えてきます。
IMG20240412112634.jpg
さあ、いよいよお寺に到着です。
IMG20240412112824.jpg
こちらが札所となっている花山法王殿。
IMG20240412112913.jpg
こちらはご本尊の薬師如来が祀られいる薬師堂。
法王殿と薬師堂、どちらも本堂の扱いになってます。
IMG20240412113213.jpg
こちらは花山法王御廟所。本来の御廟は京都ですので、こちらは供養塔のようなものでしょうか。
IMG20240412113555.jpg
御朱印をいただく寺務所の前に展望所があり、眺めが本当に見事でした。

有馬富士 麓の霧は 海に似て 波かと聞けば 小野の松風

このご詠歌そのままに有馬富士の美しい山容とその向こうに広がる平原に言葉をのむのでした。
御朱印をいただく時に観音経をお納めしました。
その際、名前の読みを聞かれました。
私、名前が難読なので、それで聞かれたのかな?と思ったのですが、「御祈祷の際、読み間違うといけないので」とのことでした。
納められたお経を一枚一枚名前を読み上げて御祈祷してくださるんですね。なんとありがたいことでしょう。

下山の徒歩で頑張りました。
足はすでにボロボロです。苦笑

バスで三田駅に戻り、予約してたお店でランチをいただきました。
IMG20240412130841.jpg
ご自宅の一部をお店として営業してるのかな?
中はとても立派で落ち着く空間でした。
IMG20240412131105.jpg
ご飯は手作り感満載、野菜たっぷりで滋味深いものでした。
IMG20240412131637_20240415093111bd2.jpg
おじさんにはこういうご飯が沁みます。
大満足して三田を後にしました。
スポンサーサイト



[ 2024/04/15 09:34 ] 寺社参拝 | TB(0) | CM(2)

深大寺に行ってきました

かねてより行ってみたかった深大寺にやっと行くことができました。
私の住んでるところから深大寺のある東京郊外はなかなか行きにくい場所でして腰が重かったのです。
加えて駅からさらにバスに乗らないといけないというもの気分を遠ざけていました。
電車を2回乗換えてさらにバスを乗り継いで1時間半弱、到着です。

IMG20240127132753.jpg
深大寺に行きたかった理由は、ずばり国宝の白鳳仏の拝観です。
関東の郊外に日本でも数少ない古仏があること自体ミステリアスでロマンチックです。
仏様自体もブロンズ製ということもありどこか西洋の彫刻の息吹も感じられるお姿で興味深いです。
仏像なので写真は撮影できませんが、有名な像なので検索すると出てくると思います。
興味のある方は探してみてください。

そして、深大寺と言えば、もう一つ、おそばですね。
実を言うと私、そばはそんなに食べません。
関西育ちということもあり、うどん派なのですね。
ですが、郷に入っては・・・ですので食してきました。
IMG20240127131138.jpg
ミニ天丼付きのセット。
久しぶりにそば食べましたが・・・意外といけた。
たまにはそばもいいと思ったのでした。

その後門前で味噌田楽やらおやきやらを食べ歩きして、近くの温泉に入って帰ってきました。
さて、今週はどこに行こうかな♪
[ 2024/01/29 08:09 ] 寺社参拝 | TB(0) | CM(4)

2023年 夏休みの記録 「倶利伽羅不動寺」

埴生護国八幡宮参拝後、倶利伽羅不動寺へ向かいました。
彼の地は県境にありこの旅では初の石川県へ突入です。
電車で通り抜けたことはあるけれど、降り立つのは初めての石川県。

ところで、倶利伽羅という単語は知っていましたが、これが仏教用語で、不動明王の持つ剣に巻き付いた竜のことだということを今回初めて知りました。
で、倶利伽羅不動寺ですが、県境に所在する山頂本堂と山を下った麓にある鳳凰殿の2か所展開です。
まずはアクセスの容易な鳳凰殿を目指しました。
IMG20230818144924.jpg
鳳凰殿・・・なるほど
平等院のような佇まい
ですが歴史が浅いせいか趣はあんまり感じられません
100年くらいしたらいい感じになってるんでしょうね
もう生きてないな~

山頂本堂はこちら
IMG20230818152948.jpg
このお寺で一番驚いたのがキャッシュレス対応だったこと
下世話な言い方ですが、あんな立派な平等院めいたものまで建てられる・・・結構な財力があるような
[ 2023/10/02 08:49 ] 寺社参拝 | TB(0) | CM(2)

2023年夏休みの記録 「高瀬神社」から「埴生護国八幡宮」へ

井波から閑乗寺公園の展望台に向かい散居村の眺めに行くつもりでしたが、途中の道路が工事中で恐ろしく迂回せねばならないようで断念しました。散居村の眺めは移動の途中で何箇所か見られたのでまあいいでしょう。
というわけで次の目的地は町はずれにある高瀬神社です。こちらも越中一宮のひとつ。
IMG20230818130116.jpg
全体的に工事改修中で写真少な目。
立派な注連縄が伝統と格式を物語っております。
欄間の彫刻は井波彫刻かな。

高瀬神社参拝の後は小矢部市の埴生護国八幡宮を目指しました。
倶利伽羅峠の麓にあり、かの木曽義仲が合戦の前に戦勝祈願した場所です。
というわけで、立派な銅像もあります。
IMG20230818135549.jpg
こういう近代的なものもありつつ
IMG20230818135708.jpg
本殿へ伸びる石段はなかなか風情のある味わい豊かな光景です
膝が痛いので石段回避して脇の坂道を上りましたが・・・
IMG20230818140331.jpg
本殿は桃山時代の建築で重要文化財に指定されています。
いい具合に時が経った趣でホッとさせられる建物でした。
[ 2023/09/29 09:50 ] 寺社参拝 | TB(0) | CM(2)

2023年 夏休みの記録 「井波別院 瑞泉寺」

IMG20230818121350.jpg
まず、その規模に驚きます。
建物がとんでもなくデカいのです。
高岡の勝興寺もそうでしたが、彼の地での浄土真宗の力のほどがよくわかります。
IMG20230818121605.jpg
そして至る所に見事な彫刻。
IMG20230818121438.jpg
こちらは太子堂。本堂に負けず劣らず立派です。
IMG20230818122056.jpg
これだけ大きいと、何処を見ていいんだかわからなくなりますねー
ただただ、その規模に圧倒されるばかりでした。
[ 2023/09/22 08:02 ] 寺社参拝 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

NYANKO君

Author:NYANKO君
横浜市戸塚区より発信しております

月別アーカイブ
トリップアドバイザーに お奨めブログとして認定されました